【映画分析】時計仕掛けのオレンジ(※ネタバレあり)

 

 現在プライム会員なら無料で観れる、スタンリー・キューブリック作「時計じかけのオレンジ」について、過去に行った映画分析です。

つらつらと書いただけなんで、かなり読みにくいものとなっていますが、何かの参考になれば、また自分の文章の記録として。

 

***************************************

  • あらすじ

 近未来のロンドン、アレックスは仲間たちと超暴力で毎晩楽しく過ごしていた。ライバルの不良少年たちとの喧嘩、ホームレスへの暴行、政治的作家の家へ襲撃しその妻をレイプする。その翌日、担当の民生委員が訪ねてきて、近い将来社会が無法状態になる恐れを語るがアレックスは気にもとめない。その夜、中年女性の家を襲って彼女を死に至らしめた彼は、仲間に裏切られ、逮捕される。刑期は16年であったが2年目に自ら「ルドウィコ療法」の被験者に志願する。それはセックスと暴力が嫌悪の対象に変わる治療法であった。治療を終えたアレックスは社会に戻されるが、そこにはもう彼の居場所はなかった。両親から拒絶された後、かつて暴力をふるった人々からアレックスは報復される。しまいには、アレックスへの治療を現政府の失敗として扱うために反政府派の作家に保護される。しかし、歩けなくなった作家の家で彼が自殺を図ったことから政府は施していた治療を解除して、彼を昔の凶悪な人間に戻す。

 

  • 原作

 イギリスの作家、アンソニー・バージェスが1959年に脳腫瘍で余命1年と宣告された時に短期間で書き上げた5つの作品の中の1つ。彼の先妻は第二次世界大戦中にロンドンでアメリカの脱走兵に襲われた。妊娠していた彼女は流産し、うつ状態になり自殺を図る。先妻を死に追いやったアルコール中毒に自分もなりながら書いた作品。

 「それが暴力に対処する唯一の方法だった。私は暴力が耐えられない。暴力が憎い。暴力を紙に書き付けることに責任を感じている。暴力行為を文章にしたら、それはその行為を作り出したということなんだ!それを実際にやったのと変わらないんだ!今の私はあのクズ本を嫌悪している。」

 

  • ナッドサット語

 バージェスが1961年に妻と共にソ連を訪れた際に思いつく。映画の中で字幕の下に線が引かれていた。英語化されたロシア語、幼児語、それにジプシーの言葉やリズミカルなスラングが賑やかに混ざった人工言語。バージェスはロシア語の「十代」を表す接辞語から「ナッドサット言葉」と名付けた。

例)ドルーグ=友達

  イン・アウト・イン・アウト=性交

  デボーチカ=少女、娘

  ホラーショー=良い、素晴らしい

  トルチョク=打つ、殴る

 

  • 服装

 アレックスと仲間たちはバレエ・ダンサー風の衣装を着ている。また、猫をかっていた女の人にいたってはバレリーナの練習タイツを着ている。衣装と音楽によって暴力シーンがまるで舞踊のように感じられる。さらに、アレックスは本来女性のものであるつけまつげをつけており、さらに右目のみにつけられている。昔のイギリスでは出兵する兵士と恋人が「再び対になれるように」とピアスを女は右耳、男は左耳につける習慣があり、男が右耳につけることはゲイであることをあらわす。この映画は女性の性に焦点を当てている感じもあるが、同性愛の象徴も様々なところで見られる。このつけまつげもその一片なのではないだろうか。

 

  • 「ベートーベン第九」と「雨に歌えば」

 「時計じかけのオレンジ」以前には頼まれ仕事の「スパルタカス」を除き「アクションの山場には音楽は不要という原則があった。キューブリックは原作に出てくる様々な古典名曲・架空の曲を全て第九一つにまとめている。ベートーベンの第九の第4楽章の「歓喜」の主題は欧州評議会において「欧州の歌」としてヨーロッパ全体を称える歌として採択されているほか、欧州連合においても連合における統一性を象徴するものとして採択されている。このような音楽と暴力少年であるアレックスを組み合わせることによって知性と暴力は紙一重だということをあらわしているのだと考えられる。また、第九と「雨に歌えば」は最初、アレックスにとって歓喜の歌である。第九が最初にでてくる場面は作家の家を襲撃して音楽を聞きながら一日の終わりを迎える場面。また、「雨に歌えば」が最初に出てくる場面は作家の家を襲撃した場面である。しかし、この二つの曲は次に出てくるときアレックスにとって悲劇の歌となる。第九が次に出てくるときはアレックスがルドヴィコ療法を受けている際にナチスの映画を見る場面。また「雨に歌えば」が出てくる場面は過去に襲撃した作家の家で風呂に入っているときに犯人であることを確信させてしまう場面である。最終的に第九は大臣と会見した時に再び歓喜の歌へと変わる。それだけではなく、場面によって第九の音源は使い分けられている。

 

  • ジョージ・ウォレス暗殺未遂事件

 アーサー・ブレマーが大統領選挙のキャンペーンを行なっていたアラバマ州知事ジョージ・ウォレスを狙撃し逮捕された事件。ブレマーがつけていた日記によると「『時計じかけのオレンジ』を見てずっとウォレスをやることを考えていた。」と書いている。

 

 ロンドンの下町の言葉であるコックニーの「時計じかけのオレンジのように変な」という言葉に由来する。ここでいうオレンジとはオラング(人間)の派生語だと考えられている。また原作によるとアレックスたちが襲撃した作家が書いていた小説の題が「時計じかけのオレンジ」となっている。このことからバージェスが作家と自身を重ね合わせていたことがわかる。また、原作では最後にアレックスは自発的に更生するというエンドを迎える。しかし、キューブリックはそれでは話の趣旨に合わないと却下し、話を途中で終わらせている。自由意思を奪ってロボットのように作り変えても人間は本能的に暴力に惹かれる、ということをキューブリックは表したかったのだと考える。

 以下、個人の考えとなるが「時計じかけ」という意味は政府によって悪行を働かせないように作り変えられることを意味しており、「オレンジ」では、人間は、他人の手が加えられなければ、善の選択をすることができないということが農薬で育てられた画一的なオレンジに連想づけられているのだと思う。

 

 刑務所付き牧師の言葉 「選択! 本人が選ぶ能力がないじゃないか。私欲と肉体的苦痛の恐怖が彼 を醜悪な自己卑下に駆り立てるんだ。そこには誠意のかけらもない。非行は防げても道徳的選択の能力を奪われた生き物に過ぎない。」

オレンジとは人を表します。つまり時計じかけのオレンジとはある者によって時計のぜんまいをまかれた人、自己による選択ではなく他のものによって道徳的判断をする人のことである。牧師の言葉からもアレックスが時計じかけのオレンジになってしまったことがわかる。

 

  • ペットの蛇の死

 蛇はアダムとイブの物語からも「悪者」という印象が強くアレックスに「悪」という印象をつける効果がある。しかし蛇はアダムとイブにリンゴを食べさせ、善悪の知識を与えた者ともいえる。それ以前の人間は神によってすべてを支配された者、善悪の判断すらも全能の神によって支配された者、つまり「時計じかけのオレンジ」であった。それが蛇によって善悪の判断や知識が人間に与えられたとみることもできる。それが「悪」から来る判断であってもだ。アレックスが家に帰ってくるとペットの蛇は死んでしまっていた。これは善悪の判断の死を表し、神に善悪の判断を支配されていた人間と同じように政府によって善悪の判断を支配されたアレックスを表しているとみることができる。

 

  • ルドビコ療法

 暴力的な性格など精神的な疾患を外科的な治療を施すルドビコ療法はすぐにロボトミー手術を連想させる。1935年、エガス・モニスによって発明され、その後多くのロボトミー手術が行われた。ロボトミー手術で切除されるのは前頭葉である。前頭葉は最も人間らしい知的活動をつかさどる部位である。それを切除されるということは暴力的でなくなるかもしれないが人間的な判断を行うことができなくなるのだ。

【英語エッセイ】なぜ日本人と西洋人でロボットに対する関係が違うのか?

タイトルの題で過去に書いた長め(本文6頁)の英語エッセイ(↓一番下リンク)。「日本人はアトムとかドラえもんとかロボットと仲良くする作品が多い。でも西洋の映画、例えば“2001年宇宙の旅(スタンリーキューブリック作)”などでは、ロボットが反乱を起こす作品が多いのだろう?」という思いつきをベースに始めたエッセイです。

なので、前提の論理自体がガバガバですが、過去の記録として。

 

"Why is there the Different Relationship between  Robots with Japanese and with Western?"

http://yusukekuro.weebly.com/uploads/6/2/4/0/62406319/why_is_there_the_different_relationship_between_robots_with_japanese_and_with_western_2016_01_28.pdf

 

【トレーニングメモ】ランニングをしながら筋肉を落とさない方法

・筋トレかランニングか、自分が重要視している方を先にやる

  →先の種目の方が集中するから

   →自分の場合は、筋トレ!

 

・ランニングは1回30分以内

 

・ランニング前中後に栄養をしっかりとる

  →目安として炭水化物(20gから30g)とBCAA(5g)とEAA(7g)を

   500ml位の水に溶かして、ちびちび飲み続ける

 

・ランニング後に、グルタミンを疲労回復目的で飲む

【読書メモ】『EQ』 ダニエル・コールマン

 

EQ こころの知能指数 (講談社+α文庫)

EQ こころの知能指数 (講談社+α文庫)

 

 

概要

EQ(心の知能指数)について書かれた本。

 

EQの5つの領域

1。自分自身の情動を知る能力。自分が何をどう感じているのか把握する。

2。感情を制御する能力。

3。自分を動機づける能力。「フロー状態」にまで自分を高める能力。

4。他人の感情を認識する能力。

5。人間関係をうまく処理する能力。他人の感情をうまく受け止める能力。

 

激情(怒り、不安)を抑える方法

1。激情の理由をもう一度考えてみること

2。気晴らしをすること

 

気分が少し変わるだけで、考え方も変化する。何か考え事をしている人にはジョークを投げかけてみるのが良いかもしれない。

 

希望を持ち続けられる能力がある人は大きな恩恵を受ける。

楽観とは、後退や挫折があっても最後はうまくいくだろうという強い期待を維持できる能力。

【読書メモ】媚びない人生 ージョン・キムー

 

媚びない人生

媚びない人生

 

 

概要

本書で述べられているのは、媚びない人生を送るためにはどうすべきか。それは「強くあること」。絶対不可侵としての自己を確立し、どんな状況でもそれを貫くこと。そのための方法論。

 

 

すぐにやりたいこと

・自分へのアテンションを8割にする。他者へのアテンションは2割にする。

・自分の無知をとにかく大事にする。

・日常の中で徐々に枠からはみ出す練習をする。

・違和感、直感を大事にする。磨く。

・コミュニケーションは、量ではなく質で勝負する。

 

 

すぐにやったこと

他社の目を気にすれば、自分を信じる力は鍛えられない。未熟さと向き合えない。

まずは、8割向けていた社会や他者、家族など外に向いている視点やアテンションを2割に落とす。自分への視点やアテンションを8割にする。

 

ネガティブな感情は、居場所を与えられて、表に出されると、極めて居心地が悪くなる性質を持っている。ネガティブな感情が湧き出てきたら、それを見て見ぬ振りはせず、居場所を与えてやる。声に出してみる。

 

 

・学びについて

学びに対して貪欲であること。全ての時間を学びの時間にする。

 

他社の無知ではなく、自分の無知を大事にする。無知だと思う瞬間は、むしろ喜ばなければならない。

とにかく自分の無知に気づいたら、問いに落とし込んで相手にぶつける。わかっていること以上に、わかっていないことに注意を払う。

 

起きたことに対してどう解釈するかは自分次第。不満であれば、その不満の原因を自分の内側で考えてみる。そうすれば不満は成長の糧となる。

 

 

・人間関係について

相手の合理性を理解し、まずは接点を見つけようとすることから始める。話し合える価値がある人間だとわかってもらえば、相手の対応は間違いなく変わる。人間関係の全てにおいて、トラブルというものは、理不尽を単に真に受けて、そこで思考が止まってしまうところから発生する。そこで止めたり、そのままにしない。受け手の考え方ひとつで、人間関係の危機は防げる。

 

 

・選択について

その選択が生み出す結果に対して責任を負う決意に基づくのであれば、その選択はその時点で常に正しい。

 

自分が責任を負える、本当に信じていること、正しいと思うことについては、できるだけ事前許可を得ずに行動してみる。それがマニュアルに反するものであったとしても。

 

 

・日々の生活の中で

デジタル化した現代、見えないものを見て、聴こえないものを聴こうとする力が大事。

 

コミュニケーションは量ではなく質で勝負する。そのために、

誰かが話せる話はできるだけしないこと。

ポイントを明快にする、自分に「Whats your point?」と常に投げかけること。

話したいことがはっきりしていない時には、人間は沈黙すべき。

 

リスクを回避するためにも、日常の中で徐々に枠からはみ出す練習をしておいたほうがいい。

 

常に経営者的な意識を持つ。

 

 

・創造性について

クリエイティビティは違和感から生まれる。自分の違和感を大事にする。

 

全ての創造性の根源は、何かと何かの接点にある。今後、世界の境界はさらに失われ、融合していく。ほとんどの創造性は新しい組み合わせの産物。

 

直感を信じ、直感を磨く。重要なのは、簡単に判断を下せないような問題にたくさん直面すること。

 

 

・将来について

自分自身で幸せの絶対的な基準を確立させること

 

本当の就職活動を、社会に出てから5年後にすべき。社会を知り、自分を知ってから、本当の就職先を見つける。

 

与えることに喜びを感じる人になる。ポジティブからさらに一歩踏み込み、肯定のオーラの起点となる。

【読書メモ】成功する要求・失敗する要求 アラン・デービス

 

成功する要求仕様 失敗する要求仕様

成功する要求仕様 失敗する要求仕様

 

 

・要求の最大の目的は「どのようなシステムを構築するか」について共通認識を持っておくこと

 

・顧客は多くの要求を見せるほど、新たな要求を思いつく。だがそれでいい。ただし変化に対応するようにすること

 

・明確な要求のトリアテージを行うこと。

 

・変化しない問題よりも、変化する問題により注意すること

 

スケジュールが要求を決める。その逆では上手くいかない。スケジュール内に要求を満たせるかどうかを見極める。

 

・著者が考える要求文書の完成とは、「その文書に対応するリリースで、顧客が実装を期待する要求が全て含まれていること」

 

暗黙知(知っているが表現が難しい事柄)に注意すること。自分が知らないことを知っていると思い込んだ瞬間から、問題は決まって存在する。